DENTS(デンツ)のペッカリーレザーの魅力|デンツ

みなさん、こんにちは。

Leeone Barnard(レオーネベルナルド)へようこそ。

DENTSが最高級素材として使っているペッカリーレザーとは一体何のことかご存知ですか?

なぜペッカリーレザーが選ばれるのでしょうか。

DENTS(デンツ)のペッカリーレザーの魅力

ペッカリーとは、猪によく似た哺乳類のことです。

アメリカイノシシやカピパラの一種とされています。

日本ではヘソイノシシと呼ばれることもあります。

背中にヘソのようなものがあるのが特徴なんだそうです。

南米の熱帯地域に生息しています。

chacoan-peccary-1364286_1280

・最高級の希少価値

ペッカリーレザーは非常に軽くて、柔軟性があり丈夫な素材です。

3つの小さな毛穴が並んで空いているのが特徴で、その耐久性から革製品にぴったりの素材として知られています。

摩擦等にも強いので、長く使い続ける手袋などにはうってつけです。

通気性がよく湿気がこもらないので、手が蒸れにくくさっぱりとした付け心地を体験できます。

ペッカリーが生息している地域の特性上、傷がなく使える部分は少ないので1頭から1組の手袋しか作れないほどだと言われています。

その希少価値もペッカリーレザーの魅力なのです。

厚手で丈夫という特性を持ちながらも、伸縮性に富み、手につけることでさらになじんで手にフィットしていきます。

dents4

・丈夫な素材

ペッカリーレザーのお手入れは、通常の革製品と同様です。

普段は馬毛ブラシで汚れを払い、汚れた時には乾いた柔らかい布で拭いてあげることができます。

馬毛ブラシでブラッシングしてあげることで、革の表面の銀面が整います。銀面とは動物の体表表側のことで、革の表側のことを言います。

手入れをしながらずっと使い続けることで、ペッカリーレザーは独特の風合いが生まれます。

水や直射日光を避けて保管すると長持ちします。

もし濡れてしまった場合には、陰干ししてあげましょう。

お気に入りのものを大切に使い続けるのも革製品の魅力です。

ペッカリレザーには独特のシボがあります。

シボとは革の表面に出るシワのことです。

ペッカリレザーでしか表現されないシボにより、傷がつきにくく、傷がついても目立ちにくいという利点もあります。

とても丈夫な素材で傷やシワが目立たないので、動かすことが多くなる手袋にはうってつけの素材です。

ライニングなしのペッカリーレザーの手袋なら、ペッカリーの肌触りを存分に味わうことができます。まるで第二の皮膚のように肌に吸い付き、抜群のフィット感なのです。

タイト目なサイズを選ぶことで、ペッカリレザーの伸びの良さを最大限に体験できるのです。

最高品質の革のみを、熟練した職人によって多くの工程をかけて作り上げていくDENTSの手袋。

この冬にぜひとも欲しくなりますね。

dents5

leonebernard おすすめのグローブ

【関連記事】

Share this post