ゴルフで革手袋が必要な理由 |デンツ

みなさんこんにちは。Leone Bernardへようこそ。

休日に、ちょっと車で遠くのゴルフ場まで出かけて1日ゴルフを楽しむ方も多いようです。ゴルフグッズもお気に入りを揃えていくと、飛距離を伸ばすために、こだわりが増えてきます。

ゴルフ用手袋も、自分の手によくフィットしたものを選ぶだけで飛距離が随分変わると言われています。今回は、ゴルフと革手袋の関係について調べてみましょう。

メンズのゴルフグローブ着用ルール


https://www.pexels.com/photo/sport-golf-golf-club-golf-ball-12588/

ゴルフグローブは、主に滑り止めを目的として着用します。そのため、右利きなら左につけるのが一般的です。雨の日はもちろんのこと、普段でも、手汗などでゴルフクラブが滑ってしまう可能性があるので、グローブを着用するのは大切です。

普段使っていない、左手に負担をかけすぎないためにも、グローブは必須アイテムですね。右手に力が入りすぎないようにするためにも良いと言われています。

ゴルフグローブは、革がいい?


https://www.pexels.com/photo/golf-terrain-near-body-of-water-28275/

ゴルフクラブをしっかり握るために大切な、ゴルフグローブは、合皮と革、どちらがいいのでしょうか?合皮は、どうしても厚みが出てフィット感に劣ります。

革のグローブはフィット感に優れているので、より繊細なコントロールが可能です。デメリットとしては、合皮よりも高価なので、ゴルフなどの負荷がかかる競技では破れた時にもったいないという点が挙げられます。場面によって使い分けるのもおすすめですね。

フィット感が大切な理由


https://www.pexels.com/photo/clouds-shade-golf-golfer-92858/

ゴルフクラブを振る時には、かなりの力と遠心力がかかります。フィット感のないグローブだと、グローブが脱げてしまったり、そのせいでクラブが飛んでしまったりと、怪我や事故につながる恐れもあるため、フィットしたものを選びたいものですね。

また、フィットしていないグローブをつけていると、手に豆ができやすかったり、無駄に汗をかいてしまうこともあるようです。グローブ選びが大切なのがわかります。

お気に入りの手袋を見つけよう


https://pixabay.com/en/dark-brown-leather-gloves-womens-1194453/

お気に入りのゴルフグローブが見つかると、練習の時だけでなく、仲間とプレイする時やコンペの時にもより楽しんで取り組めます。Dentsなら、上質な本革を使用した、最高のフィット感を味わえます。

最高品質のグローブの中でも自分の手に合わせた素材や作りのものを選ぶ事ができるのがDentsのポイントです。グローブをつけたまま新聞もめくれると言われるほどの繊細なつけ心地が、素手よりもゴルフクラブをしっかりと握る助けになってくれます。

leonebernard おすすめのグローブ

【関連記事】

Share this post