DENTSの秘密-ペッカリーレザーの品質|デンツ

みなさん、こんにちは。

Leone Bernard(レオーネベルナルド)へようこそ。

寒い冬にシンプルで暖かな手袋は必須アイテムですよね。

おしゃれでかっこいいDENTSの手袋は、世界中で愛されるアイテムです。

ペッカリーとは南米の熱帯雨林に生息する、猪豚に似た小さな哺乳類です。

野生動物で希少性も高くその独特の肌ざわりが高級感を感じさせます。

天然の皮が表現する絶妙な質感、風合いの違い、天然だからこそ生じるわずかな傷もその魅力です。

ペッカリーレザーで仕上げられた手袋は、同じものは一つもなく、上品さと渋さが感じられます。

ペッカリーレザーならではの魅力をご紹介しましょう。

DENTSの秘密-ペッカリーレザーの品質

 

・ペッカリーレザー独自の毛穴

ペッカリーレザーには、独特の三角形の毛穴があいています。

この毛穴の形が手袋にも独特の質感を感じさせてくれます。

この毛穴が湿度の調節を行ってくれるので、暖かい季節でも手が蒸れません。

また、このレザーは水分に強く長持ちします。湿気の多い日本でぴったりの革ですね。

https://pixabay.com/en/animal-black-boar-grass-green-hog-18023/

https://pixabay.com/en/animal-black-boar-grass-green-hog-18023/

 

・独特の厚みと柔らかさ

leoneblog_icatch_20170110

ペッカリーレザーはしっかりとした厚みがあります。

独特のシボがあり、渋い革の雰囲気が漂います。

厚みがあるのに柔らかく、しっとりとしています。その独特の肌ざわりが心をとらえます。

革は強くて傷もつきにくく、長く愛用していただける素材です。

革手袋のしっかりとした質感は、男性らしく落ち着きのある印象を感じさせてくれますね。

・年月で生じる変化

 

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Peccary_Driving_Glove_Black.jpg

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Peccary_Driving_Glove_Black.jpg

ペッカリーレザーは年月とともに質感が変化していきます。

本来独特のシボがあるので、大人な渋みが感じられます。

天然の素材だからこそ、使う時に生じる傷やシワも味わいを感じさせてくれます。

長く使い続けるのにぴったりな素材なんですね。

ペッカリーレザーのグローブは、使用後に乾いた布で汚れを拭き取り、革用ブラシでブラッシングをして、高温多湿を避けた場所で保管できます。

革製品は丁寧に扱うことで、一生モノとして長く使い続けることができます。

手のサイズは簡単には変わりませんし、一度購入すれば何年も使い続けられる革の手袋だからこそ、シンプルで、最高品質のDENTSのシリーズを選びたいものですね。

中でもペッカリーレザーは独特の渋みを感じさせる大人な質感が魅力です。

また、ドライブをする時にも、ハンドルとの相性は抜群です。

DENTSの手袋はシンプルながら微妙なデザインの違いが楽しめます。

お気に入りのデザインのものを見つけてみてくださいね。

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

leonebernard おすすめの革手袋

【関連記事】

Share this post