DENTSで見つけるドライビンググローブ|デンツ

みなさんこんにちは!Leone Bernardへようこそ。

ドライビンググローブが必要なわけ

車をかっこよく乗りこなしている人は、ハンドルカバーではなくドライビンググローブを着けている場合が多いようです。「自分はそんなに走らないから」「グローブをする理由がない」と思っている方に、今日はドライビンググローブの魅力と選び方をご紹介します。

ドライビンググローブの役割

ミッション車が減って、太いハンドルで軽い力で操作できるようになった現代の車ですが、ドライビンググローブを使うことによって、汗をかいたり手に負担がかかっている時でも一定の力でハンドルを操作することができます。

運転が安定し、長距離の運転では疲労具合が全く違ってくるといいます。だからこそ、ドライビンググローブはすべてのドライバーに取り入れて欲しいアイテムなのです。


https://www.pinterest.jp/pin/544794886155285501/

ドライビンググローブの選び方

ドライビンググローブを選ぶ時に気をつけたいのは、手にしっかりとフィットしているかどうかです。ハンドルとの摩擦を減らすためのアイテムなので、ぶかぶかだったりきつすぎたりすると、スムーズなハンドル操作を行えません。


https://www.pinterest.jp/pin/160018592988168694/

フィットしていないと、手や腕への負担が強くなってしまうこともあるので、サイズ選びは重要です。

dentsのドライビンググローブ

dentsなら、手にしっかりフィットしたサイズのものを選ぶことが可能です。

豊富なサイズだけでなく、dents独特の製法も手にフィットしたグローブを作り出しています。dentsのグローブは、まるで素手のような感覚が味わえる世界最高峰の革手袋ブランドとして知られています。


https://www.pinterest.jp/pin/755267799979892380/

見た目にも高級感が漂うdentsのグローブは、ドライブの時に、運転をスムーズにするだけでなく、見た目にも大人でかっこいい雰囲気を漂わせることができます。

有名なスパイ映画、「ジェームズボンド」シリーズでも使用されていたdentsのグローブは、必見です。

ライニングはあり?なし?


https://www.pinterest.jp/pin/571605377692289363/

手が冷えやすい方は、ライニングが付いているものも、ドライビンググローブとして使用できます。それでも、よりハンドルの操作をスムーズにするなら、ライニングがついていないものがおすすめです。

車の中は屋外よりも暖かいですし、ライニングが付いているものは、長時間の運転で汗をかいてしまうこともあるので、革だけで手にぴったりフィットする手袋を選びましょう。

上質で、おしゃれなドライビンググローブを使って、毎日のドライブをより快適なものにしてください!

にほんブログ村 ファッションブログへにほんブログ村 ファッションブログ メンズファッションへにほんブログ村 ファッションブログ シャツ・Yシャツ・ブラウスへ

【関連記事】

Share this post