Barkの着こなしコーディネート|バーク

みなさん、こんにちは。

Leeone Barnard(レオーネベルナルド)へようこそ。

冬のアウターは、毎日のコーディネートを決定づける大切な存在です。

おしゃれなアウターでカッコよく決めたいけれど、寒さに負けて見た目は二の次になってしまいがち。

そんな悩みを救ってくれるのが、Barkのニットアウターです。

Barkのニットアウターの着こなし

ニット?かっこいいけど寒いよね。と思っていませんか?

Barkのニットアウターは冬でも暖かく過ごせる優れものなんです。

なぜなら、特許も取得している 「Bark編み」 という製法で作られているから。

Bark編みのニットアウターは、持つと隙間なくしっかりとした生地のようです。

固めに編まれているのに、柔軟で腕などが動かしやすいニットの手軽さは残しています。

凹凸のある独特の見た目がとてもおしゃれで、細見え効果も期待できるモードなアウターです。

https://pixabay.com/ja/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA-1149985/

https://pixabay.com/ja/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%AB-%E3%82%B8%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%BA-1149985/

そんなBarkはカジュアルシーンにもビジネスシーンにもオススメです。

都会的でスタイリッシュな印象を与えてくれるBarkで、毎日のコーディネートを格上げしてあげましょう。

・スーツに合わせて

ダッフルコートは学生的な印象になるので、ビジネスシーンではあまり見かけません。

でも、Barkのニットダッフルは、スタイリッシュでモードなデザインが、大人かっこいい雰囲気を漂わせてくれます。

そのためスーツの上に羽織るときちんとした、おしゃれな雰囲気に感じさせるのです。

https://pixabay.com/ja/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%B1%A5%E7%89%A9-%E6%89%8B-%E7%94%B7-%E9%9D%B4-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84-%E8%85%95%E6%99%82%E8%A8%88-1853294/
https://pixabay.com/ja/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%B1%A5%E7%89%A9-%E6%89%8B-%E7%94%B7-%E9%9D%B4-%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84-%E8%85%95%E6%99%82%E8%A8%88-1853294/

ロング丈のニットアウターなら、ヒップ部分までしっかりとカバーしてくれて、冬で冷えやすい腰回りを温めてくれます。

スーツだけでは、やはり電車や街中で寒く感じますが、しっかりと暖かさを閉じ込める構造のBarkなら安心できますね。

スーツにあわせてスッキリと見せたいなら、Barkのほとんどのシリーズでフードが取り外し可能なので、外しておくとさらにビジネスライクになります。

f-bark-62b8005-nav-xs_1-1

・ジーンズに合わせて

Barkのニットアウターは、デニム素材とも相性が良く、シンプルなコーディネートを一気にこなれた風に仕上げてくれます。冬はアウターでおしゃれ度が決まると言っても過言ではないですが、Barkのアウターがあれば、冬の気軽なお出かけも悩むことがありません。

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%9f%e3%83%bc%e7%94%a8bark8005%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%8f%e3%82%99%e3%83%aa-1

どんなデニムでも合わせやすいですが、今季はスキニージーンズがおすすめです。

ニットアウターとのギャップでさらに足元がスタイル良く長く見えますよ。

デニム素材でも黒スキニーなら、流行に合わせてこなれた感を演出できます。

Barkならニットのカラーバリエーションも豊富で黒スキニーと合わせやすいですね。

leonebernard おすすめのダッフルコート

【関連記事】

Share this post