人気急上昇中のニットウェアブランドBark(バーク)|バーク

http://www.bark-italy.it/collection/bark-store/#/16

みなさん、こんにちは。

Leeone Barnard(レオーネベルナルド)へようこそ。

Leoneでは品質にこだわったファッショナブルなアイテムを扱っています。

今年は雪も降り、かなり冷え込んでいますね。そんな寒い時期には欠かせないコート。

ニットコートはおしゃれだけれど、本当に寒い時には保温性に劣るという印象がありますが、

Barkのニットダッフルコートは、真冬でも抜群の保温性、断熱性を誇ります。

bark_close

人気急上昇中のニットウェアブランドBark(バーク)

 

・Bark(バーク)とは?

そんなBark(バーク)は、オゾン社から2011年に独立しました。

表参道ヒルズに期間限定店を開き、その後阪急メンズ大阪に出店しています。日本でもファンが増えているブランドなのです。

独特の凹凸と、部位によって変化させる編み方はファッショナブルで他と被らないアウターを手に入れられると人気を集めています。

bark_ceo

CEOはパオロ・ピエロッティ氏。ニットウェアの開発や研究に携わった経験を持っているパオロ氏は、ニットの本質を生かすニットウェア作りを実現しています。

バークのウェアは、伝統的なディテールと現代的なシルエットの組み合わせを特徴としています。

bark_store_brera

世界中にファンが多く、他にはない 「バーク編み」 という製法は、特許も取得しています。

バークのみが作ることができる、特殊な厚みのあるしっかりとした技法は、風を通さず高い断熱性を実現しています。

伝統的なトルグの使い方、シンプルな形に、ユニークな柄やカラーをプラスすることで、実よう的なだけでなくファッション面でも最先端の製品を提供しています。

bark_shop

・イタリア製へのこだわり

イタリア製にこだわり、上質な素材にこだわるバークは、他のニットウェアとは一線を画しています。

この特殊な技術のおかげで、真冬のアウターの幅が広がりました。

ウールにナイロンを合わせる事で、耐久性も高く、汚れたり擦れたりしがちな冬の季節にぴったりなのです。

またダークトーンになりがちなアウターの常識を覆し、ファッショナブルでカラフルなデザインを多く出しているのも特徴です。

シンプルな形なのでオンオフで兼用もでき、上品さとモダンさを併せ持つ不思議なコートが完成したのです。

bark_item1

高級感を漂わせる、水牛の角を使ったトグル。

留め紐にはレザーを使用してディテールにこだわっています。

デザイン製や実用性に加え、本格仕様にこだわることで、エレガントさを忘れない製品を作り出しています。

私たちが見慣れているダッフルコートの形を受け継ぎながらも、バークならではのアレンジを加えオリジナリティ溢れるモダンなコートを作り出しています。

これからも、ニットウェアに加え、様々な素材を扱ったファッショナブルで上質な製品を作り出してくれる事でしょう。

【関連記事】

Share this post